プラトン第61回イブニングフォーラム『もっと大切なことがある!』の開催報告

2009年05月15日 10:00 | BBL開催報告 | 新着情報

公共政策プラットフォーム(プラトン)は5月13日(木)、第61回イブニングフォーラムを開催いたしました。

 今回のイブニング・フォーラムでは、劇作家の平田オリザ氏と「よのなか科」や「土曜寺子屋」などで実績を上げた杉並区立和田中学校前校長の藤原和博氏をお招きしました。
 お二人とも、演劇やディベートを取り入れたコミュニケーション教育を実践なさっています。今回は、その活動を通して21世紀の日本には「もっと大切なことがある!」ということを対談で明らかにしてもらいました。また、参加募集からあっという間に100名を超える応募があり、会場はこれまで以上の熱気に包まれていました。
 なお、今回のイブニング・フォーラムは、民主党『次の内閣』文部科学部門会議との共催で、モデレーターは鈴木寛参議院議員が担当しました。

 今後も国会開会中、BBL(昼食持込型勉強会)及びイブニングフォーラムを定期的に開催いたします。
 皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。


 当日の要旨(『プラトンフォーラム―第21号―』)はこちら。(PDF:317KB) pdf_logo.gif


web2.jpg
小宮山洋子『次の内閣』文部科学担当大臣・衆議院議員


web3.jpg
ゲストスピーカー:平田オリザ氏(左)、モデレーター:鈴木寛参議院議員(右)


web5.jpg


web8.jpg
ゲストスピーカー:藤原和博氏

web10.jpg

http://www.platon-web.net/pdf/2009/05/PLATON-FORUM24.pdf

Backnumber